知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 日坂 佐夜ノ中山

東海道五十三次之内 日坂 佐夜ノ中山

東海道五十三次之内 日坂 佐夜ノ中山
東海道五十三次之内 日坂 佐夜ノ中山 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち にっさか さよのなかやま

版画 大判

大正期の日坂
大正期の日坂「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

日坂は箱根に次ぐ東海道の難所の一つと言われる佐夜峠。急峻な坂道は駕籠かきも商売にならない。空駕籠を持って登る駕籠かき。下る旅人。この峠の日坂寄りにある伝説の「夜泣石」を眺める人達が描かれている。山賊に殺された妊婦が産み落とした赤子を慕ってこの石が夜泣きしたと伝えられている。幾重にも重なる山のたたずまいは、険しい峠越えの様子を強調している。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜