知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 嶋田 大井川駿岸

東海道五十三次之内 嶋田 大井川駿岸

東海道五十三次之内 嶋田 大井川駿岸
東海道五十三次之内 嶋田 大井川駿岸 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち しまだ おおいがわすんがん

版画 大判

大正期の嶋田
大正期の嶋田「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

嶋田宿を立つと、東海道第一の大河である大井川がある。水が出ると、旅人は嶋田で足留めになる。図は大名行列の川渡りを上方から描いたもののように見えるが、よく見ると武士・町民の姿もある。大名の先頭はようやく中洲にたどり着いたところで、清流の青の色彩に対し、河原の黄の対比で河の大きさを表現していることがわかる。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜