知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 鞠子 名物茶店

東海道五十三次之内 鞠子 名物茶店

東海道五十三次之内 鞠子 名物茶店
東海道五十三次之内 鞠子 名物茶店 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち まりこ めいぶつちゃみせ

版画 大判

大正期の鞠子
大正期の鞠子「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

鞠子はとろろ汁が名物の地といわれ、茶店が軒を並べていた。若草が出はじめ、屋根には鳥がとまり、茶店の周辺の木々には、早春の花が咲いている。子を背負った女の給仕、とろろ汁を味わう旅人。ひとときの休息がのどかに描かれている。あたかも歌舞伎の舞台のような感じがする。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜