知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 江尻 三保遠望

東海道五十三次之内 江尻 三保遠望

東海道五十三次之内 江尻 三保遠望
東海道五十三次之内 江尻 三保遠望 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち えじり みほえんぼう

版画 大判

大正期の江尻
大正期の江尻「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

江尻は現在の清水港である。ここから愛鷹山、箱根、伊豆半島までを遠望し、その手前に三保の松原を描き、白帆をはらませた船と停泊している船、街並までが描かれている。港の繁忙ぶりとうららかな春の風景である。江戸より約41里の地点であり、全体のほぼ三分の一経過した。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜