知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 由井 薩埵嶺

東海道五十三次之内 由井 薩埵嶺

東海道五十三次之内 由井 薩埵嶺
東海道五十三次之内 由井 薩埵嶺 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ゆい さったみね

版画 大判

大正期の由井
大正期の由井「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

薩埵峠は一方は山高く、一方は大海に望む東海道の「親不知」といわれる難所である。峠からの眺めは、五十三次中で最も美しいといわれている。遠くの富士山と青い海と白い帆掛船。そそり立つ崖の上の道を旅人と村人が通る。風雨に耐え立つ二本の松は、さらなる難路を想像させてくれる。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜