知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 原 朝之富士

東海道五十三次之内 原 朝之富士

東海道五十三次之内 原 朝之富士
東海道五十三次之内 原 朝之富士 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち はら あさのふじ

版画 大判

大正期の原
大正期の原「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

最も富士山が美しく見える所がこの地、原である。富士山の美しさ、大きさが強調されており、画面の枠を飛び出している。右側に寄生火山愛鷹山を配し、湿地の浮島には二羽の鶴を取り入れた。男女の供を連れた女主人の見返る姿も富士山の雄姿を強調したものと思う。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜