知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 小田原 酒匂川

東海道五十三次之内 小田原 酒匂川

東海道五十三次之内 小田原 酒匂川
東海道五十三次之内 小田原 酒匂川 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち おだわら さかわがわ

版画 大判

大正期の小田原
大正期の小田原「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

小田原に行くには、手前に描かれた酒匂川を渡らなければならない。幕府が架橋や渡し舟を認めなかったので、旅人が輦台(板に棒二本をつけて四人で担ぐもの)に乗ったり、人夫に肩車されたり、徒歩などで夕暮れに近い川を渡っていく様子が描かれている。遠景には小田原城や箱根山系が描かれている。箱根山系は逆光を受け、色彩や線などで険しさが表現されている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜