知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 大磯 虎ヶ雨

東海道五十三次之内 大磯 虎ヶ雨

東海道五十三次之内 大磯 虎ヶ雨
東海道五十三次之内 大磯 虎ヶ雨 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち おおいそ とらがあめ

版画 大判

大正期の大磯
大正期の大磯「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

手前に刈り取った耕地、宿場の入口付近でのにわか雨。左奥の沖合いの海は晴れ。晴雨の対象がおもしろい。街道に沿って宿が連なり、寒さと雨を避けながらようやくたどり着く安堵感。右手には丸みをもつ高麗の山裾が描かれている。曽我十郎の愛人虎御前のこもった高麗山の伝説から、十郎の死を悲しんで流したであろう涙を「虎ヶ雨」とたとえ、題名につけたのではあるまいか。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜