知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 平塚 縄手道

東海道五十三次之内 平塚 縄手道

東海道五十三次之内 平塚 縄手道
東海道五十三次之内 平塚 縄手道 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち ひらつか なわてみち

版画 大判

大正期の平塚
大正期の平塚「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

平塚は海沿いの単調な平原が続く。縄手道はあぜ道のことである。そこを仕事を終え、ゆっくりと歩く駕籠かきと目的地へ疾走する飛脚。丸みを帯びた低い高麗山に直線的な右の山、そして遠望の富士山。遠近、動静、直曲、高低を組み合わせた力強い構成である。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜