知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 神奈川 台之景

東海道五十三次之内 神奈川 台之景

東海道五十三次之内 神奈川 台之景
東海道五十三次之内 神奈川 台之景 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かながわ だいのけい

版画 大判

大正期の神奈川
大正期の神奈川「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

江戸から七里の「台之景」は神奈川台と呼ばれる海沿いの丘のことをいい、眺望の良いところであった。右の坂道には宿屋が並び、江戸からの旅人はここで最初の宿をとった。左側には船着場として栄えた港が描かれている。水平線上につきでているのは野毛山、その先の半島は本牧岬であろう。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜