知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 川崎 六郷渡舟

東海道五十三次之内 川崎 六郷渡舟

東海道五十三次之内 川崎 六郷渡舟
東海道五十三次之内 川崎 六郷渡舟 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち かわさき ろくごうわたしぶね

版画 大判

大正期の川崎
大正期の川崎「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

手前を流れるのが六郷川(現在の多摩川)、渡し舟で向こう岸に着くと川崎の街である。江戸から離れる哀愁が漂う。紅色の空と地平線。地平線上へ富士山を自然に描いている。棹をふんばる船頭が「動」を表わし、絵を引き立てている。対岸で裸の男が舟の方を見ている表情など、個々の人物描写が面白い。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜