知足美術館コレクション

東海道五十三次之内 日本橋 朝之景

東海道五十三次之内 日本橋 朝之景

東海道五十三次之内 日本橋 朝之景
東海道五十三次之内 日本橋 朝之景 / 歌川 広重
とうかいどうごじゅうさんつぎのうち にほんばし あさのけい

版画 大判

大正期の日本橋
大正期の日本橋「東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)」より

日本橋は五十三次の出発点であり、ここより京都までは124里半(約492km)である。鐘が七ツ(午前四時)を打つと木戸が開かれ、一日が始まる。朝焼けの空を背景に、日本橋の近くの肴市場から威勢のいい魚商が魚をかついでゆく。大名行列が橋を渡ってくる。犬が遊んでいる。塀や甍の直線に日本橋の力強い曲線の構成が、街の活気をさらに強調している。そして橋の中央から高く立つ毛槍が爽快な旅立ちを表わしている。

書籍:東海道(東海道五拾三次 広重と大正期の写真)

書籍:保永堂版 東海道五拾三次 広重

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜