知足美術館コレクション

歌川 豊国

歌川 豊国

うたがわ とよくに(1769 - 1825)

江戸時代の浮世絵師。本名 倉橋熊吉。江戸芝神明前の人形師の息子として生まれる。幼少期に歌川派の創始者歌川豊春の元で学び、役者絵や美人画で絶大な人気を得た。また、錦絵、草双紙、読本などの挿絵の分野でも活躍。門下から国貞、国芳らの有力な絵師も輩出。のち門人豊重が2代豊国を称した。

収蔵作品

岩井喜代太郎 中村大吉(ボストン美術館所蔵版木)
岩井喜代太郎 中村大吉(ボストン美術館所蔵版木)
版画
瀬川路考 松本幸四郎(ボストン美術館所蔵版木)
瀬川路考 松本幸四郎(ボストン美術館所蔵版木)
版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜