知足美術館コレクション

梅原 龍三郎

梅原 龍三郎

うめはら りゅうざぶろう(1888 - 1986)

京都府 京都市 下京区 出身

本名 良三郎。1903年中学校を中退し、伊藤快彦に絵を学んだ後、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所に入る。同期に安井曾太郎も学んでいた。1908年田中喜作と共にフランスに留学。アカデミー・ジュリアンに通った。1909年ピエール・オーギュスト・ルノワールの指導を受ける機会を得た。1913年帰国。白樺社同人の武者小路実篤、志賀直哉、柳宗悦との知遇を得た。1914年二科会の設立に関わる。1922年春陽会の設立に参加。1925年土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部を設置した。1935年帝国美術院会員となる。1944年帝室技芸員、東京美術学校教授となる。1952年文化勲章を受章。

収蔵作品

裸婦 リトグラフ

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜