知足美術館コレクション

宇田 荻邨

宇田 荻邨

うだ てきそん(1896 - 1980)

三重県 松阪市 出身

本名 善次郎。菊池芳文、菊池契月に師事。1917年京都市立絵画専門学校別科入学。1919年第1回帝展で初入選。1925年第6回帝展特選。1925年京都市立美術工芸学校教諭となる(1929年まで)。1926年第7回帝展特選。帝国美術院賞受賞。1928年第9回帝展審査員をつとめる。1929年京都市立絵画専門学校助教授就任(1936年から教授)。1935年京都市展の委員、審査員となる。1946年第2回日展審査員。1950年日展運営会参事。1954年京都市立美術大学教授を退任。1956年画塾白甲社を創設。1961年日本芸術院会員。1962年日展理事。1967年勲三等瑞宝章受章。1972年松阪市名誉市民。1973年日展顧問。

収蔵作品

山百合 日本画 275 × 1230mm
淀の水車 1970年 日本画 572 × 460mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜