知足美術館コレクション

上村 松園

上村 松園

うえむら しょうえん(1875 - 1949)

京都府 下京 出身

1875年京都の下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれる。1887年京都画学校に入学。四条派の鈴木松年に師事。1890年第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品、一等褒状受賞。この絵を、来日中であったヴィクトリア女王の三男アーサーが購入し話題となった。1893年幸野楳嶺に師事。1895年楳嶺の死去にともない、竹内栖鳳に師事。1902年息子信太郎(松篁)が誕生。1941年帝国芸術院会員。1948年女性として初の文化勲章受章。1949年逝去。従四位に叙される。

収蔵作品

追羽子の図
追羽子の図
1930年 日本画 305 × 1310mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜