知足美術館コレクション

大山 忠作

大山 忠作

おおやま ちゅうさく(1922 - 2009)

福島県二本松 出身

1922年5月5日、二本松市根崎に生まれる。1943年(昭和18) 学徒出陣のため、東京美術学校日本画科を繰上卒業。1946年第2回日展に「O先生像」を初出品し初入選、以来連続入選。1952年第8回日展に「池畔に立つ」を出品し初特選、同時に白寿賞・朝倉賞も受賞。1955年第11回日展に「海浜」を出品し2度目の特選、白寿賞も受賞。 1961年日展会員となる。1968年第11回新日展に「岡潔先生像」を出品し文部大臣賞受賞。1970年日展評議員となる。1973年前年の改組第4回日展出品作「五百羅漢」により第29回日本芸術院賞を受章。 1975年日展理事に選任される。1979年日展参事となる。1986年 日本芸術院会員に就任する。 1988年 県外在住功労者知事表彰を受ける。 1991年日展常務理事に選出され、事務局長に就任。 日展理事長に就任し、以来3年間務める。1996年 勲三等瑞宝章を受章。1999年文化功労者として顕彰される。2003年日展顧問に就任。2005年日展会長に就任。2006年文化勲章を受章。2009年2月19日、逝去

収蔵作品

翔鶴

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜