知足美術館コレクション

小倉 遊亀

小倉 遊亀

おぐら ゆき(1895 - 2000)

滋賀県 出身

1895年3月1日、滋賀県大津市丸屋町に生まれる。(旧姓・溝上(みぞうえ)、遊亀は本名)。1913年滋賀県立大津高等女学校(現・滋賀県立大津高等学校)入学、1917年、奈良女子高等師範(現・奈良女子大学)卒業。女子高で国文学を教えるかたわら、1920年より安田靫彦に師事。1926年に「胡瓜」が院展に入選する。以後1998年に「椿三題」を出品するまで連続入選。1932年、女性として初めて日本美術院同人となり、1936年に山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚。以後鎌倉に住む。1976年日本芸術院会員、1978年に文化功労者に選ばれる。1980年には上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受章。1990年から96年まで日本美術院理事長を務めた。1999年にはパリで個展を開いた。105歳の長寿を全うして、2000年に鎌倉で没している。

収蔵作品

紅梅と古九谷 日本画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜