知足美術館コレクション

奥村 利信

奥村 利信

おくむら としのぶ

生没年不詳。江戸時代初期の浮世絵師。奥村政信の門人。奥村政信の子あるいは弟と考えられる。鶴月堂文全と号す。享保~寛延(1716年-1751年)年間にかけて活躍した、紅絵、漆絵期を代表する浮世絵師であった。利信は、漆絵を多数描き、美人画、役者絵ともに、画風は師・政信の作品と比べると、鮮やかな配色と、伸びやかな描線に特徴があり、明快で溌剌としており、また、描写も細やかで、かつ適度な色香も加えて、見る者に心地よい爽快感を与えている。美人画、役者絵を中心に、作画は、1730年前後の10数年に集中、短命の絵師であったと思われる。代表作として、「山下金作の大磯とら」、「瀬川菊之丞のくずのは道行」、「なつもやうむねあけ」三幅対などが挙げられる。寛延2年(1749年)、絵本『疱瘡除』2巻を刊行している。また、黒本『高砂十帰松(たかさごとがえりのまつ)』3巻、『ふくじん』1巻、青本『作奴(だてやっこ)化物退治』3巻の挿絵を描いている。

収蔵作品

かもの次郎(シカゴ美術館) 版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜