知足美術館コレクション

奥村 政信

奥村 政信

おくむら まさのぶ(1686 - 1764)

菱川師宣や鳥居清信から浮世絵を学び、独自の画風を創りだした。研究心旺盛な絵師であり、版元奥村屋の経営者も兼ねていたので種々の工夫を自作に試みることが出来た。それが浮世絵版画の華ともいえる錦絵を生み出し、幕末期に開花する風景画を生み出す原動力となった。

収蔵作品

時雨傘持つ若衆(シカゴ美術館) 版画
鬼の腕を斬る渡辺綱(ボストン美術館所蔵版木)
鬼の腕を斬る渡辺綱(ボストン美術館所蔵版木)
版画
助六(シカゴ美術館) 版画
羅生門前の渡辺綱(ボストン美術館所蔵版木)
羅生門前の渡辺綱(ボストン美術館所蔵版木)
版画

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜