知足美術館コレクション

奥村 土牛

奥村 土牛

おくむら とぎゅう(1889 - 1990)

東京市 京橋区 南鞘町(現東京都中央区京橋) 出身

本名 義三。1905年梶田半古塾に入門、小林古径に日本画を師事。1907年東京勧業博覧会に入選。1923年中央美術社第5回点にて中央美術賞受賞。1926年この頃速水御舟に出会う。1927年再興第14回院展初入選。1929年再興第16回院展で日本美術院院友に推挙される。1932年日本美術院同人。1935年帝国美術学校(現武蔵野美術大学)日本画科教授に就任。1936年第一回帝国美術展で推薦第一位を獲得する。1944年東京美術学校(現東京芸術大学)講師。1945年空襲で家が焼け、長野へ疎開。1947年帝国芸術院会員。1959年日本美術院理事。1962年文化勲章受章。1978年日本美術院理事長に任命。1980年東京都名誉都民。1990年日本美術院名誉理事長。

収蔵作品

茜の富士
赤松に隼 1939年 日本画 360 × 1280mm
フランス人形 1950年 素描 410 × 560mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜