知足美術館コレクション

岩田 正巳

岩田 正巳

いわた まさみ(1893 - 1988)

新潟県三条市 出身

1913年東京美術学校日本画科入学。松岡映丘に師事。1918年同校研究科にすすみ、大和絵の研究に没頭した。在学中に山口蓬春・長谷川路可とともに、新興大和絵運動を起こした。1924年第5回帝展に初入選。以来、帝展・日展を活動の場として出展を続けた。1939年服部有垣、伊東深水、川崎小虎、吉村忠夫らと日本に画院を創設。1949年日展審査員となる。東劇、歌舞伎の舞台装置、考証にあたるようになる。1961年日本芸術院賞受賞。1971年勲四等旭日小綬章。1977年日本芸術院会員に推挙。1978年日展顧問。1979年三等端宝章受賞。1984年三条市名誉市民第一号となる。石仏や歴史風俗に関わるテーマに典雅なロマンティシズムを漂わせた画境を拓く。

収蔵作品

さわやか 1977年 日本画 398 × 518mm 10号
卑弥呼 日本画 400 × 580mm 12号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜