知足美術館コレクション

伊東 深水

伊東 深水

いとう しんすい(1898 - 1972)

東京都 深川 出身

本名 一(はじめ)。1908年日本画家の中山秋湖に日本画を習う。1911年鏑木清方へ入門。「深水」の号を与えられる。1912年第12回巽画会展に『のどか』が初入選。1913年巽画会1等褒状。1914年再興第1回院展に『桟敷の女』が入選。1915年第9回文展に『十六の女』が初入選。1922年平和記念東京博覧会で『指』が2等銀牌。1927年大井町に深水画塾設立。1932年人物画の再興を目指し「青々会」設立。1943年海軍報道班員として召集され南方諸島へ派遣。1948年『鏡』で第4回日本芸術院賞受賞。1958年日本芸術院会員に推挙。戦後は美人画と並行し、個人的に独自の題材で日本画を制作することが多かった。

収蔵作品

干柿 1960年 日本画 240 × 280mm 4号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜