知足美術館コレクション

石塚 仙堂

石塚 仙堂

いしづか せんどう(1890 - 1972)

新潟県上越市 (旧 東頸城郡安塚町) 出身

本名仙田忠治。1911年高田師範学校を中退後上京、川合玉堂に師事する。1919年橋本関雪を師とする。1921年朝鮮金剛山を漫遊。1925年直江津の石塚家を相続、石塚仙堂と号する。1927年中国を漫遊。1936年改組第一回帝展に入選。日本南画院を中心に活躍。1945年水原に疎開。1951年直江津に定住。1968年直江津市五智国分寺境内に弟 仙田菱畝と共に「筆塚」を建立。

収蔵作品

つばめ 日本画 295 × 340mm
ナナカマド 日本画 260 × 340mm
観音様 325 × 510mm
仙人と桃 1954年 日本画 405 × 1155mm

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜