知足美術館コレクション

池田 遙邨

池田 遙邨

いけだ ようそん(1895 - 1988)

岡山県 倉敷市 玉島乙島 出身

本名は昇一。幼少より画才があり、1910年大阪の松原三五郎が主宰する天彩画塾に入門し洋画を学ぶ。1914年18歳で第8回文展に水彩画が入選。1919年竹内栖鳳に入門し日本画に転向する。同年に第一回帝展に入選。1926年京都市立絵画専門学校研究科を卒業。1928年第9回帝展特選(1930年受賞)1936年より1949年まで京都市立絵画専門学校助教授を務める。1952年日展参事となる。1953年画塾・青塔社を結成。主宰。日展評議員となる。1960年日本芸術院賞受賞。1976年日本芸術院会員。1977年日展顧問となる。1984年文化功労者表彰。1986年倉敷市名誉市民となる。1987年文化勲章受賞。

収蔵作品

霊峰富士 日本画 425 × 350mm 8号

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 絵画の中の女たち

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜