吾唯知足

吾唯知足

先人の思い出 ~ 佐野藤三郎さん 1

2009年7月23日

 最初から中国に自ら進んで熱心に出掛けたのではない。中国と私の縁を強く結んで下さったのは、佐野藤三郎さんであった。佐野さんは、私の人生を大きく変えた人のひとりと言っても過言ではない。  今日は佐野さんの思い出の一部をご紹…

続きを読む

技術交流について考える。

2009年7月22日

 昨日の「中国との交流のはじまり」では、少し本題から逸れたままとなったが、本題の技術交流の話に戻ろう。  交流課題の協議、技術交流では相手の要望、意思の確認を充分に行ってさえも、期待感を与えすぎることが多いので、不都合な…

続きを読む

中国との交流のはじまり

2009年7月21日

 地方公務員をなんとなく辞めて、商売をはじめて6年ほど経った1979年、ふとしたキッカケで中国との技術交流が始まった。この経験が私にとっての国際交流の礎となり、後の人生をより豊かななものにしてくれたと思う。そこで、美術館…

続きを読む

美術館の誕生

2009年7月19日

 平成7年、新潟市の平島から新光町へ、本業の社屋を移転することになった。当初は美術館を作るような計画は全くなく、ただ、移転地を探そうと思っていた時である。平成5年、正月の社内報で次のようなことを書いた。  「信濃川本川大…

続きを読む

美術に惹かれて

2009年7月18日

 現在日展でも著名な洋画家となった本間ケイさんは、昭和50年代初め、しばらく私の会社でトレースや彩色のアルバイトをしていた。本間さんの先生である笹岡了一画伯の展覧会が大和デパートで開かれるという電話をもらったので行った。…

続きを読む

美術との出会い

2009年7月17日

 商売を始める前の私は、美術にはほとんど関心がなかった。時折、開催される巡回の展覧会などが来ない限り、興味を示さなかった。比較的小さな時、田舎の小学校で栗の絵を描いて金紙を張ってもらった事や、どこかの展覧会に出してもらっ…

続きを読む

はじめに

2009年7月16日

 華甲、いわゆる還暦から早いもので10年、ついに古稀を迎えたと思っていたが、それももう2年前となり、今年6回目の干支が廻ってきた。  「誰がそんな年に?」と自問したところであるが、60歳からの10年は本当に短かったように…

続きを読む

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展示

2017年 四季いろいろ

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜