知足美術館について

知足美術館について

知足美術館

ご挨拶

知足美術館館長 中山輝也
知足美術館館長 中山輝也

地域への貢献の一つとして収蔵品を一般に公開するため、自社ビル新築移転の折、別棟として平成7年に知足美術館を建設いたしました。

地域との協調なくして企業の存在はなく、積極的に関わり貢献することが企業としての大切な責務と考えた次第です。

これまでに個人として蒐集所蔵したもの、会社の節目等で購入したもの、そして寄託品、寄贈品などを展示し、地域社会の要請に応えてきたところであります。

また、知足美術館設立以降は特に絵画、工芸、陶芸の著名な作家との親交を深めるとともに、機会を見てそれらの作家による講演会や作品の解説なども行なってまいりました。

収蔵品については、貴重な歌川広重の東海道五拾三次(保永堂版全55図)、土田麦僊斎藤眞一などのコレクションを含む日本画、洋画、陶芸、墨跡など800点余に及び、これらを1ヶ月半~2ヶ月毎に展示替えして一般に公開しております。

一般的に個人の所有する美術品が世の中に公開されることは稀であり、それらの美術品を常設展示し、地域の皆様に心にゆとりと潤いを生み出すことができればと考えて15年余にわたり運営してまいりましたし、この美術館の誕生で、良いものは誰でも見ることができるという、新潟の新しい環境づくりに役立ってきたものと自負しています。

今後も、常設展だけでなく、ユニークな企画展や県内作家・芸術を志す若手作家の展示の場としても役立てるため、また、この活動を未来へ引き継ぐため一般財団法人からより公益性の高い公益財団法人として、今以上に地域に密着した美術館として、地域文化の振興に貢献したいと深く念願しています。

概要

知足美術館は、1996(平成8)年5月に現在地の新潟市中央区新光町10-2に開館しました。オープニングイベントとして、BSN新潟放送所蔵品展(日本画)を開催しました。

所蔵品は日本画、洋画、陶芸、北東アジアの絵画など、寄託作品も合わせて約900点です。初代歌川広重の保永堂版「東海道五拾三次」全55図をはじめ、横山操や土田麦僊、斎藤真一などの作品があります。このほかでは、日本画の小林古径村山径岩田正巳番場春雄など新潟県出身の物故作家、現存では大矢紀大矢十四彦平松礼二土屋礼一中野嘉之などです。洋画では、吉井淳二國領經郎小西保文山下大五郎笹岡了一などです。陶芸は大作が少ないのですが、加藤卓男永楽善五郎藤本能道三浦小平二酒井田柿右衛門三輪休雪藤原雄浜田庄司北大路魯山人といった作家の作品があります。また、環日本海交流がもたらした結果でありますが、中国、韓国、北朝鮮の山水画をはじめ、ベトナムなどの作品も所蔵しています。

館名の「知足」は禅林句集の「吾唯足るを知る」から取ったものです。己の分をわきまえ、おごりの心を持たないこと―を意味します。

美術館は、コンクリート製の長方形の建物です。壁面(片面ガラスケース)の総延長は約50m、約115平方メートルの小規模館です。中山輝也館長以下8人の体制で展覧会の企画や展示作業など運営に当たっています。

経緯

(1)新潟の芸術環境向上願う

1995(平成7)年、株式会社キタックの本社屋を新潟市西区平島から現在地である中央区新光町10-2に新築・移転しました。これに併せて、別棟となります「知足美術館」を建設しました。本社屋とは渡り廊下で結ばれており、社屋内に予備展示室を備えています。中山輝也社長の企業は発展に伴い社会的責任が大きくなり、企業規模に合わせて社会に貢献するべきだとの思いからでした。

収蔵作品はキタックの周年事業などで購入してきたものをはじめ、会社に関係する方や賛同した知人による寄贈・寄託品などで構成されています。

ここで、収蔵作品展や企画展を開催し、社内外の方々の心にゆとりと潤いを生み出し、「良いものを誰でも見られる」という新潟の環境づくりに役立ちたいと考えています。さらには県内作家や芸術を志す若手作家の展示の場として、また収集した資料などの展示の場として活用していく考えです。忘れてはならない郷土の先達の足跡を紹介することも大切なことだと思っています。美術展示のほかに当社の本業であります技術分野の展示、科学技術に関する展示にも積極的に取り組んでいくことを目標としています。

2011年12月に、私的美術館から一般財団法人へ、2015年4月から公益財団法人「知足美術館」として衣替えし新たなスタートを切っています。これからも、地域の人々に喜んでもらえる企画展などを長く続けていきたいと念願しています。

(2)浮世絵から陶器展、鑑賞講座や演奏会も開催

展覧会に併せて記念講演会や鑑賞講座も開催してきました。展示室を活用したミュージアムコンサートも好評です。

2000(平成12)年4月22日の「花岡和生無伴奏リコーダーコンサート」をはじめ、同年10月28日の「中林恭子・丸山洋子 フルート&チェンバロ デュオ コンサート」などを開催しました。「中林恭子・丸山洋子コンサート」は「中国深遠の画家 田建平〈書と墨彩展〉」のオープニングの日でもあり、約120人のファンらが来館する盛況ぶりでした。2時間の演奏はあっという間に終わった感じで、何か心を穏やかにする雰囲気で会場を包み込んでいました。

2013年3月2日にも、開催中の「斎藤真一展―お春瞽女物語りからスペインの風景まで―」に合わせ、萱森直子氏の瞽女唄演奏が行われ、約90名の来場者は瞽女唄の真髄に聴き入っていました。絵画展に併せたミュージアムコンサートを希望する方も多くいます。来館者の要望に応える機会をつくっていきたいと考えています。

沿革

2015年4月 公益財団法人 知足美術館に移行
2011年12月 一般財団法人 知足美術館に移行
2006年4月 「知足美術館開館10周年 旧BSN新潟美術館所蔵品展-華麗なる県人作家の美」開催
1996年5月 「知足美術館」開館。「第一回 BSN所蔵品展 日本画」開催
1995年 株式会社キタックの本社屋の移転に伴い、別棟「知足美術館」を建設

現在の展覧会

今後の展覧会

今後のイベント

現在の展覧会

青を旅する 木村直広 日本画展

館長の独り言

吾唯知足〜われただたるをしる〜